ミスコンとは!?

このサイトは日本初のミスコンまとめ専門サイトをうたっているわけだが、そもそもミスコンとは何だろうか。

ミス・コンテストとは、ミスの敬称が示す通り独身女性の美を競うイベント。一般的には容姿を基準に審査員が優劣を決めるため、コンテストの上位入賞者は美人の肩書きを得ることになる。日本語では「ミスコン」と省略されたり、「美人コンクール」と呼ばれたりもする。英語に基づいた表現として「ビューティー・ページェント」を用いる場合もある。

大学におけるミスコンテスト

日本の大学では、学園祭の催事としてミスコンテスト(ミスキャンパス)が行われている大学が多くあり、学園祭実行委員会や学友会などが主催しており、全国で開催される数は200を超えるとみられる。1コンテストあたり5〜6名がファイナリストとして活動し、内1名がグランプリとして選ばれることが多い。近年、ミスター・キャンパスと同時開催されることも多い。

大学により異なるが、その年の、春4〜6月頃に出場者の募集を行い、夏7〜9月頃にファイナリストの発表を行い、10〜12月頃の学園祭シーズンにグランプリ発表を行うといった一連の流れがある。ファイナリストを発表することを「お披露目」と呼ぶことがあるが、お披露目以降、ファイナリストは各種イベントや、取材・撮影への参加、ウォーキングやスピーチのレッスンを行うなどする。

一部、有名大学を中心にキー局のアナウンサーである「女子アナ」への登竜門と言われ、実際にミスコン経験者のアナウンサーも多いほか、キャスターやタレントも多く輩出している。なお、大学のミスコンを初めて開催したのは青山学院大学である。引用

 

以上はWikipediaからの引用である。

概要はおおよそこのようなものであろう。

しかし足りないこともたくさんあるのでここからは当サイトの見解を示していく。

まずミスコンを出場者側応援する側の2つの観点から見ていく。

 

ミスコン出場者からみたミスコン

 

ミスコン出場者からミスコンは何よりも承認欲求を大いに満たすことができる場であると考えられる。

もちろん承認欲求を否定するわけではない。

美女に生まれたからにはそれを顕示し生かしていくのは当然のことであるし、しないと勿体無い!

 

私たちも美女を見ることができwin-winの関係である。

この演者と客の関係を最大限に活かせるのがミスコンではないだろうか。

 

ミスコンでグランプリ準グランプリに輝くなど注目を浴びるとアナウンサーやモデルなど芸能界へ大きく近づく。

さらに近年ミスコンは注目度を大きく高めておりスポンサーとなる企業も増え露出の機会も増えている。

 

また、現在活躍するアナウンサーや芸能人でミスコン出身の人は多い。

ミスコンで活躍することがそのまま芸能関係の夢を持つ人には大きな財産になるのである。

 

活動に関しては、ミスコン出場者はSNSや様々なイベントを通して多くの人の目に触れることで知名度を上げていき、ミスコンおじさんと呼ばれるファンを従え一致団結しながらミスコンでの優勝を狙う。

この課程で自分の人気はSNSのフォロワーなどを通して常に確認することができ目的と結果を明確にしながら活動を行うことができる。

 

努力が認められるとすぐに数字に表れるのが出場者としては魅力なのではないか。

 

多くのミスコン出場者が語っているようにミスコンを通して出場者は大きく自分を成長させることができる

人に見られることを意識することで可愛い人はより可愛くなり、人前での対応なども学ぶことができる。

そしてこの活動を通して得られるものは人の温かさではないだろうか。

 

活動を通していく中ではSNSでの批判リプライや、炎上すると2ちゃんにスレが立ったりしてしまうなど人の残酷さをみることもあるかもしれない。

しかし、どんなに批判されようと、貶されようとファンはいつも応援してくれ温かい言葉をかけてくれる

この時きっと出場者は人との繋がりを感じ温かみを感じられるだろう。

 

学生のうちにこのような体験をできることは今後の人生を豊かにするのにきっと役立つだろう。

 

応援する側から見たミスコン

応援側からみたミスコンはやはり他の美女アイドルグループなどとの交流に比べてより身近な”推し”を作れるのが一番のメリットなのではないだろうか。

 

ミスコン出場者は期間中毎日SNSを更新し、ファンはこれを通して推しのミスコンの日々の生活を知ることができる

さらに直接リプライやコメントを送ることでそのメッセージは相手に届き多くの場合ミスコンから返信も来る

そしてイベントに行けばアイドルグループではないので直接あって握手をしたり写真やサインをねだることも可能である。

 

何より一番なのは毎日のWeb投票で推しに投票することでこれがコンテストの結果に大きく影響することである。

“推し”がグランプリをとった日には「自分が育てた!」のような感覚になりその喜びはひとしおであろう。

さながらAKB48グループの総選挙のようなものだがこっちの方がより身近であり、自分の貢献がより大きな力を持つ

 

自分の推しが将来芸能界で活躍することもあるだろう。

このようにミスコン出場者とともにミスコンに参加し成長しているかのような感覚を味わえることもこのミスコンの魅力であろう

 

以上のようにミスコンとは決して単なる学祭の可愛い子決めのコンテストではないのである。

上記でいったような様々な思惑が絡む大変味のあるコンテストなのだ。

 

当サイトもこの社会現象にもなりつつあるミスコンを最初期から支援していたサイトとして微力ながらも尽力していきたいと思う。